こんなにある!看護師さんの転職理由は?

こんなにある!看護師さんの転職理由は?

 

看護師は離職率の高い職業だといわれていますが、
離職・退職を考える理由にはどういったものがあるのでしょうか?
ここでは、看護師の高い離職率の理由とその背景について考えていきたいと思います。

 

まず、看護師の離職理由として常に上位に挙げられるのが「給与への不満」です。

 

看護師は、女性の仕事としては高収入を約束された職業だといわれています。
確かに、看護師の給与は一般企業に勤めるOLなどと比べても高水準にあり、
年齢や勤続年数による年収アップも期待できる仕事です。

 

しかしながら、拘束時間が長く、勤務環境や労働条件は非常に厳しいものとなっています。
実際のところ、看護師の基本給与は他の業種とほとんど変わらず、収入の多さも
実質的には、夜勤や休日出勤などに対して支払われる手当の上乗せ分によるものです。

 

そういった背景もあり、看護師の多くは
「自分の仕事が正当に評価されていない」
「残業代や夜勤手当がごまかされてしまう」
などの不満や悩みを持つとされています。

 

次の理由としてあげられるのが、人間関係の問題です。

 

看護師は女性の割合が大変高い職業のため、独特の人間問題が起きやすい業種です。
職場内に特定のグループや派閥が存在したり、
同僚や上司、部下との人間関係がうまく機能しなかったりと、
悩みや不安を抱えながら働く看護師の方は非常に多くいらっしゃいます。

 

また、看護師を取り巻く環境は、労働の面でも拘束時間の面でも非常に厳しく、
看護師は常に大きなストレスにさらされて働いています。
そのため、職場で働く多くの人が心に余裕がなく、時にはそのことが原因となり、
陰湿ないじめや陰口につながることも少なくありません。

 

こういったことが要因となり、
医師や病院スタッフとの連携がうまくいかず、仕事に支障が出ることもあります。

 

他にも、看護師の離職理由としては
「休日をしっかり確保したい」
「体を壊したので楽な業務の職場へ移りたい」
「やりがいのある仕事をしたい」

といったものが目立ち、
医療現場において、看護師が多くの不安や悩みを抱いていることが浮き彫りとなっています。

 

当サイトへのお問い合せや、看護師さんの口コミ・疑問質問などありましたら
こちらの問い合わせフォームへどうぞ!