【看護師さんの転職】給料アップの交渉って本当にしてもいいの?

給料アップの交渉って本当にしてもいいの?

看護師の転職・離職理由の上位に挙げられるのが「給与への不満」です。
国内の看護師不足は深刻な問題となっており、スタッフの絶対数が足りない中、
医療現場において看護師は過酷な業務をこなすことを強いられています。

 

それにもかかわらず、ハードな労働に見合った正当な報酬が支払われることは少なく、
不満や不安を抱いた多くの看護師が離職・転職を繰り返すという悪循環が起きています。

 

そういった背景があり、看護師の方の多くが転職時に
「給与アップ交渉をできないものか」
と考えると言います。

 

とはいえ、実際には、面接などで給料交渉をしてしまうと
「ずうずうしいと思われて採用してもらえないのでは?」と二の足を踏む方が大半のようですね。

 

確かに、転職経験のある看護師の方に意見を聞いてみても、
給与交渉をしたいと思っていても、採用に響くと考えて諦めた、という声が多いというのが実情です。

 

ただ、自分のスキルや実績に自信がある方や、転職希望先よりも現職の方が
高い給与水準だった場合には、面接の際に給与交渉を行うことで、
希望以上の月収・年収を提示してもらえた、というケースも決して少なくありません。

 

面接時の給与交渉は難しいと考える方も多いようですが、給与アップが妥当と考えられる場合には、
採用側も意見を採り入れてくれる可能性が高いというのが現実です。

 

とはいえ、転職の面接時に自分から
「給与を上げてほしい」と申告するのは、なかなか勇気がいるものです。

 

そこで活用したいのが、看護師専門の転職支援サイトです。
看護師の転職支援サイトに登録をすると、無料でキャリアコンサルタントを利用することができ、
転職時の給与交渉についての相談に乗ってもらうことができます。

 

また、このキャリアコンサルタントは、給与交渉のアドバイスをしてくれるだけでなく、
会員に代わって転職先と給与に関する折衝や交渉を行ってくれますので、
自分で交渉するのが難しいと感じた場合は、コンサルタントに代理を依頼すると良いですよ。

当サイトへのお問い合せや、看護師さんの口コミ・疑問質問などありましたら
こちらの問い合わせフォームへどうぞ!